お絵描きしてたらいつの間にかプログラミング的思考が身につく!?親子でプログラミング編

2世代シャアです。どうも。

絶賛不登校中の小学生ソウタ、今日は親戚の集まりがあるので家族そろって外出。

ソウタにとっては、なんの楽しみも見出せないため行くのを拒否。。。(-_-;)

とはいえ長時間留守番はできないし、預かってくれるところもないので強制連行。

出発前に認知行動療法に基づいて、自分の気持ちをコントロールするプログラムを実施。

しかしそれでも道中、不平不満を口に出す。。。

結局は現地で初対面の親戚の子とゲームで盛り上がり、散会の頃にまだ家に帰りたくないといい出す始末。。。

なんとなくわかっていたけど、今回もいつものパターンなんですよねえ。(-_-;)

ソウタは計画的で規則性のある生活を好み、想定できない環境に飛び込むことについて極度に恐れるのですが、一歩を踏み出してしまえば、それによって得られる出会いや体験という刺激を意外とポジティブに受け止めます。

ただ厄介なのはその体験がどれだけ楽しかろうと、次同じようにような事があったとしても必ずしも行きたいとならないんです。まさにその日の気分次第( ゚Д゚)

困ったもんです。。。

さて今回は親子でプログラミング編です(^^)/

親子でプログラミング編★第4回

はじめに

今回は、主に幼稚園児の次男がメインで遊んでいるプログラミングアプリをご紹介します。

小6ソウタには、引き続きScratch(スクラッチ)というソフトで学習を続けることと並行して、本人の長所「ほめてのばす指導力」を活かし成功体験を積み上げる目的もあり、今回ご紹介するViscuit(ビスケット)を次男に教えることもお願いしました。

↓長所を発見した記事はこちら。
子どもにやったことがない事にふれる環境を用意してあげることの大切さ

●これまでのプログラミング学習について

「何のために勉強するの?」という問いに対する答えとしてプログラミング学習を始めました。

もちろん、小学校が2020年度、中学校が2021年度から「プログラミング教育必修化」する流れを見据えた行動でもあります。

我が家の不登校児の学習意欲とプログラミング

そしてまずはプログラミングで必要な論理的思考の必要性をソウタと一緒に体感しました。

学習の準備 親子でプログラミング編

Viscuit(ビスケット)

●Viscuit(ビスケット)とは!?

ビスケットはとても簡単なプログラミング言語です。
メガネという仕組みたった一つだけで単純なプログラムからとても複雑なプログラムまで作ることができます。仕組みは単純ですが組み合わせ方が様々なので複雑なことができるのです。
ビスケットを使うとアニメーション・ゲーム・絵本などを簡単に作ることができます。

Viscuit(ビスケット)ホームページ より引用

日本人が開発したアプリです。(‘ω’)

そのためか開発したらそれっきりではなく、プログラミング体験のフォロー活動を丁寧にしている印象を受けます!

たとえば、イベントやワークショップを主催する一方で、アプリのプログラミング体験を広める指導者の育成にも力を入れています。

また、動画で使い方を説明したり、指導者向けの資料を一部無料で公開してます。

●基本情報
アプリ名:Viscuit(ビスケット)
料金  :無料
対象年齢:4歳から
アプリDL:iOSはこちら
androidはこちら
●レビュー

圧倒的にシンプル!だからわかりやすいです。(^^)/

上にある画像の作品は長男と次男の合作ですがご覧のとおり、文字が使われていないので、直感的に操作しながら学習が可能です。

コード(命令)はメガネのみ!

5歳の次男でも8歳以上の練習プログラムを理解して楽しめるほどです。

また低年齢の子にとって何よりいいのが絵を描く楽しみがあり、その絵に眼鏡を使って指示を出すと動きだしてくれます。

うちの次男のレツはお絵描きが好きなので、ハマっています!

絵を描くのが好きなお子さんなら、お絵描き遊びをしているといつの間にかプログラミング的思考が身につきそうです!

ちなみに我が家で使っている教材はこちら。

アプリを開発した会社が発行している本で、本自体もほんとにシンプルでわかりやすいのでおススメです(^^)/

ビスケットであそぼう 園児・小学生からはじめるプログラミング (ぼうけんキッズ) [ 合同会社デジタルポケット ]

価格:1,944円
(2018/7/22 23:26時点)

Viscuit(ビスケット)とScratch.Jr(スクラッチ ジュニア)を比べてみた

小6ソウタがやっているScratch(スクラッチ)は、上の2つと比べてちょっと多機能で難易度が高いので比較対象から外します。

スクラッチについてはこちらの記事でどうぞ

●Scratch Jr(スクラッチジュニア)の基本情報

アプリ名:Scratch.Jr(スクラッチジュニア)
料金  :無料
対象年齢:5歳から7歳
アプリDL:iOSはこちら
androidはこちら
※iPad、iPad mini、androidタブレット などタブレット端末のみです

●対象年齢

Viscuit(ビスケット)は4歳以上ですが8歳以上の練習プログラムもあるので、Scratch.Jr(スクラッチジュニア)と比べてやや幅広い年齢をカバーしてます。

●料金

どちらも無料です。

●使い勝手

どちらも直感的に操作できるアプリです。

コード(命令)はViscuit(ビスケット)がメガネのみなので一見、複雑な命令ができない気がしますが、実際触ってみるとScratch.Jr(スクラッチジュニア)よりも複雑で様々な表現が可能です!

また、画面でプログラミングを意識せずにプログラミング学習ができるという点も魅力的でしょう。

●まとめ

・Viscuit(ビスケット)はお絵描き遊びをしているといつの間にかプログラミング的思考が身につきそう

・また一見シンプルで複雑な表現ができそうにないが、実はScratch.Jr(スクラッチジュニア)よりもすごい!

・Scratch.Jr(スクラッチジュニア)は高年齢向けのScratch(スクラッチ)へ移行する際はスムーズにいきそう