貴重な成功体験になるか!?

2世代シャアです。どうも。

絶賛不登校中の小学生ソウタ、昔からアウトドアよりインドア派でした。

不登校になって友だちに会うのを避けているため、ますます家にこもりがちな日々。

そんなソウタに今日はごほうびを仕事帰りに買ってプレゼントしました。

じゃーん。

クーリッシュ

アイス菓子のクーリッシュです。ヽ(´∀`)ノ

実は不登校2年目突入した頃に、ソウタの運動時間と親子のコミュニケーションの時間を日々のルーティンに入れるため、毎朝、通勤で使う最寄駅まで一緒に散歩することにしているのです。

そんななか今日は妻が外出で午前中家にいられなくなったので、一人で留守番ができないソウタはバスに乗っておじいちゃんの家に行くことに。
片道20分ほど。

はじめての経験に不安いっぱいのソウタ。(゚д゚)

わたし「9時8分に、〇番の〇×駅行のバスに乗ったら、〇×でおじいちゃん待ってくれてるし。大丈夫やろ?」

ソウタ「ぜったい無理!バスどれかわからん。〇番忘れる。どうしよう。。。」

わたし「手のひらだして。油性ペンで書いとくわ。これで忘れへんで~」

肌感覚として普通の子の3倍ぐらい不安を感じやすいソウタ。
(ソウタは診断テスト結果で発達障害の傾向や不安障害の症状がこれまであった)

それでもここ数か月は1年前とは比べものにならないほど心が安定してきてるし、成長しているので踏み出せるはず!

今、独学で学んで実践しはじめた「認知行動療法」の考え方に沿って丁寧に説明。
そんなこんなでチャレンジすることに!

恒例の散歩コースの通勤の最寄り駅で、
何度も手を振ってバイバイして一人でバス停に向うソウタ。

大丈夫!と励ましてる側が自分ごと以上に心配。。。

とりあえず、おじいさんにLINEメッセージでソウタと合流したら教えてくださいと送信。ぽちっと。

ソウタがおそらくバスに乗れたであろう時間を確認。

でもおじいさんがなかなか既読にならない。

いつもはすぐレスくれるのに。。。

まさか、迎えを忘れていて寝ているとかオチ!?
ああ、貴重な成功体験どころか、ますます不安を助長させる出来事になるとかやめてくれー

満員電車なので電話するのはちょっと。。。

次の駅で途中下車して電話しようと決める。

下車して急いで電話。全然でない。やばいなー。

自宅へかけようかと思っていた矢先につながった!

歩いて停留所に向かってくれている様子。
焦っていないふりをして、よろしくお伝えする。

そして合流予定時間にLINEメッセージが。「会えました!」
ソウタも緊張したようですが、大丈夫そうとのこと。

ほんと、心臓に悪い朝の通勤時間でした。。。(。-_-。)

晩、ごほうびのクーリッシュをプレゼントして、とりあえず一歩ずつ不安を克服して無理ない程度にチャレンジ続けよう

ってことになりましたー よかった!!