我が家の不登校児、なぜか髪の毛を伸したがる・・・

2世代シャアです。どうも。

絶賛不登校中の小学生ソウタ、ついに散髪してスッキリしました。(^-^)/

たかが散髪ごときで何を喜んでいるって感じでしょうか。

実は小5の春に不登校が始まって以来、
比較的短髪が多かったソウタは散髪することを嫌い、どんどん髪を伸ばしました。

落ち着いた長さはこんな感じです。

ぼさぼさ ((((;゚Д゚)))))))

すみません。
いい素材がなかったのでこれになりましたが、髭はもちろんありません。。。

でも耳が隠れて後ろ髪が長いのは同じです。
なんせ、ぼさぼさで伸び放題だったんです。

(不登校の男子って髪の毛がぼさぼさのイメージがあるのは気のせいか。。。)

当初はソウタと髪の毛を切る切らないでホントよくもめました。

結局、前髪が目にかからず後ろ髪もぼさぼさにならないよう定期的に妻が整えることに。
一度、妻が本人が思った以上にバッサリと髪を切った事があり、その時はずっと泣いていました。。。

ソウタ本人に、なぜ髪の毛を伸ばすのか理由を聞いてみましたが、「わからん、でも切りたくないねん。」という返事だけ。

それ以来、あまりうるさく髪の毛のことを言うのをやめました。

髪の毛を伸ばす行為は、自分の存在を隠したい気持ちを表現しているんじゃないのか、また、あまりうるさく言うと自己肯定感を下げることにつながりそう、と考えたからです。

以前、以下の記事でソウタの自己肯定感について少しふれました。
↓こちら
不登校開始3か月の地獄からの救いとして

「ソウタは独りや」

「誰もソウタのことをわかってくれへん」

「お父さんはソウタを認めてくれへん」

不登校開始3か月ぐらいまでソウタの心は極度に疲れて不安定だったので、よく上のようなことを泣きながら言われました。

それから我々(親)も変わる努力をし、この頃と比べて少しは変われたと思っていますが実際本人に聞いてみたわけではないのでわかりません。
ただ、今回ソウタが散髪してよかったと言っているので、もし散髪という行為が自分を周りから隠す必要がなくなったと捉えるといい兆しなので、安心します。

今度本人に聞いてみようかなー
親と一緒にいる時間があの頃と比べて楽しいかどうかを。